親の自覚に欠けたまま、鮭太郎をいじり倒す日々


by rincraft

プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コレは、何欲というのだろうか?

そう、

そうなんだよ、、、

この衝動が抑えられない。

コレは、何欲に支配されてるんだろうか?




“オマエそれはいくらなんでも調子に乗ってね?”

と、囁きが聞こえるような、気がしなくもないが、いつしか麻痺し、全く聞こえなくなった。


ええ、既に、、、、とっくに、、、
僕、
今は、もう外野のコメントは全く聞こえな~い(自爆)



有るのは、自分の心の欲求だけ、、、
あのタラ、、、旨かったなぁ、、、
なのに、蒲鉾、失敗して弾力がイマイチだったなぁ、、、


燻製はやたらと旨かったなぁ、、、量産すれば良かったぢゃんね、、、

カマボコは、自分の目標であるヒラカマボコの完成度と再現性をなんとかしたい、
つか、
カマボコ道、奥が深いぜ!







自分で極寒の海に乗り出すパワーもない僕は、


“自分のクーラーBOXだけ岩手に送っちゃった♪”

、、、ああ、こんな素敵な快感を知ってしまったらもう、、止めれねぇ(病


わはは(釣り人失格、しかもスゴく)



ってなわけで、月曜日、
岩手から超新鮮な釣りたてのタラが、現地の雪をたっぷり詰めたクーラーBOXに入ってやってきた♪
a0056654_2154448.jpg

つか、
釣りのスケジュールに合わせて箱送られても、予言通り満タンにして返送してくれるって(≧∇≦)

ドンだけ凄腕( ̄◇ ̄;)



a0056654_21563838.jpg

確信犯は会社を定時でズラかり、マッハで帰宅!
平日夜なのにタラしゃぶしゃぶぅ~♪
の、つもりで鍋に野菜などを用意して構えていた、、
柚子を絞った特製ポン酢がタマラねえ!


で、

でだ!
コレキター(≧∇≦)
a0056654_21581482.jpg


あけてびっくり、捌いてびっくりの凄杉コンディション!
ブリブリにバリバリの超身が締まって、出刃を入れた時の“肉を割く感触”が凄いっ!
なんちゅー生ダラ〜♪


北の人達は見慣れてんのかもしれないけど、
関東でコレは異次元杉、
程度だけ言えば、かの築地にだって先ずありえ無い。



これ、、、刺身でくわねーとバチ当たるんぢゃね?

っチューレベル。

a0056654_215836100.jpg



半分刺身、半分しゃぶしゃぶを楽しむ事にした。
a0056654_21593682.jpg

やべえ!
やべえよっ!!(歓喜


そして翌日、火曜日。

実は、
タイミング良く先週金曜日に報告書の最終提出を終えた僕は、
“タラの為に会社を休んだ(会社人失格)”
しかも、釣りで休むならまだしも、貰ったタラを相手にするために休暇を申請した。


わははははは、


どーしても、
ガマン成らんくらいヤりたくて、、

ちょっとモノにしたい料理があり、
どうしても、魚が良いコンディションのうちにきっちりとやって、納得したいと思っていたのです。



さて、その料理とは、、、


カマボコ




あゝカマボコねぇ〜、
ナドと侮る無かれ!!!
コレが(≧∇≦)めっちゃ奥が深い!

みんな大好き、日本が世界に誇るシーフード!
KAMABOKO‼︎

ニュージーランドのレストランで、文字だけで“シーフードサラダ”を頼んだら、カニカマのてんこ盛りだぜ(本当



“僕は、日本の魚好きとして、もっとカマボコを極めたい!”


身近な、色んな釣魚で応用したい!
実は、前からそんな夢があるのです。


で、

新橋の凄腕カレー店長にシイラの揚げ蒲鉾を教わったり、蒲鉾プロのソル友からアドバイスをもら
ったり、
アイナメ、ヒラスズキ、シイラ等で随分とやってきたのだけれど、
偶にイケてるのが出来ますが、
なかなか納得のモノをコンスタントに作れるまでには至っていない。

更に、ある程度旨いものを食いたいと自信をもって作った前回のタラの揚げ蒲鉾は、、、
ガンモドキ??的な、、、、
蒲鉾特有のあのプリップリ感が出ず、かなり残念な食感になってしまったorz

確かあの時は、届いたタラを夜に捌いて、ミンチにし、
翌日に煉り込むという、ちょっと残念なタイムラグがあった。

蒲鉾のあのタンパク質のペプチド結合をより強固にするためには様々な温度管理や塩加減はもちろんだが、
色々な文献を見聞きすると、どうやら『新鮮である』という条件がとても大切なものだということがわかってきた。
で、だ。

一度しっかっり準備して、出来るかぎり基本に忠実に作業をこなし、
“一回ちゃんと作って”みよう!
と、
基礎がない者に応用なんて出来るわけがないのだ!



で、カマボコ休暇をとったわけだ(爆
(10時頃、そういえば今日は何で?という話になり、カミさんにめっちゃ叱られる件については、ここでは割愛する)


きっちり捌くこと、
骨に付いたわずかな身もスプーンでこそげ取り、頭に残る身も、
ほほ肉でさえも全てこそげてミンチを作った。
a0056654_2204662.jpg


と、同時に燻製用の下拵えもキッチリすすめる
a0056654_221153.jpg

この話は今日は割愛

ミンチをさらします。
a0056654_2212491.jpg


旨味が流れ出してしまいそうでドキドキします。
a0056654_2214752.jpg

スジだの脂だの、血だの滑らかな食感や旨味を邪魔する物を除きます。


キッチリ水切りしたら、いよいよ!
a0056654_222108.jpg



今回とある老舗カマボコ屋さんに貰った分量はこんな割合だ!

白身魚のすり身 : 250gあたり
卵白      : 1個分
塩       : 小さじ1
砂糖      : 大さじ1
片栗粉     : 大さじ3
酒       : 大さじ3
みりん     ; 大さじ半分

今回はコレを3ラウンド♪

砂糖や片栗粉がやけに多い気もしますが、先ずは基本忠実にやっていこう。

コレらをフードプロセッサーで撹拌しながら練り込んでいく。

塩を入れた途端に一気に練りが重くなる。
そう!この塩がペプチドの結合を促しプリプリ食感の素がココで決まるのだ!

面白いぞ!!

この時、温度を上げ過ぎない様に気を使う。
浅川さんに教わったコツは、この時の料理酒を冷凍庫で冷やして使うこと。
なるほどです。
そして、卵白は一度撹拌してメレンゲ状にしてから入れると良い様です。

a0056654_2225549.jpg

今回は、蒸しと揚げと両方やってみよう♪
板は前回も書いたように古いカマボコ板の再利用です。

a0056654_2231617.jpg

今回は、蒸し器で10分
揚げカマボコは、140℃と、極低温で5分
やり杉禁止です(≧∇≦)


さーて、
a0056654_223531.jpg

んふふふふ♪

揚げは、幾つかイタズラして、パン粉付けて揚げてみたりしたり、、

a0056654_2241663.jpg

ヒジキの煮物を混ぜ込んでみたり
a0056654_224284.jpg


カマボコは、不恰好だけど、板ワサふうに

a0056654_2244943.jpg


でね!
捻っても切れないこの弾力を出せたよ!

a0056654_225861.jpg

そして、納得の旨味♪

小僧には揚げが評判でしたね。

んふふふふ
やったぜ!

でな、
更に欲が出まして、、、

現在、カマボコの薫製を作成中( ´ ▽ ` )ノ


更にツマミ大作戦は次に続く!

ログ書きながらのツマミはコレ!
a0056654_2253749.jpg













iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-26 21:48 | メシ

ハンティングトロフィー

魚拓っていう発送は日本独特のもの

らしい、、、(しらない、たぶん)

むしろハクセイっちゅー考え方は外国から来たのかな?
機械伯爵が鉄郎のママをハクセイにしちゃったんだよね
ああ、恐ろしい、、、ハズなのに、あのシーンは子供心におっぱいが気になった。

ん?

なんの話だっけか?

釣りをしていると、
心の底から嬉しい釣果とめぐり合う事がある。
そんな記念すべき思い出を、心に刻むと共に、ハンティングトロフィーとして残る物を作りたいというのは良いと思う。


夏に、小僧がへっぽこながらもがんばってシイラを釣ったときに記念に魚拓をとってやった。
a0056654_21361428.jpg

その後、
どやぁぁぁ!っとばかり部屋に貼ってあるのだが、
半年たった今でも見飽きる事は無く、
小僧と魚拓の前で、あのときの話をしたりする。
コレは、日本独自の文化なんだそうだ(web調べ)
で、
つくづく魚拓って良いな、と

飾ってあってもちょっとカッコいいし、本人にとってはあのワクワクが何時でもソコにある感じ、
ハンパにリアルで、でも大雑把で、見る側にイメージさせる部分が多いから尚良いのだろうか?
なんかカッコ良いよね。

あんまり沢山有りすぎても船宿みたいになっちゃうから嫌なんだけど、
なんかの記念には録ってもいいかな、と

そこで、今回のシーバス釣りは、
“自力で釣ったら魚拓録ってやる”という約束をした。
a0056654_21365357.jpg

よーし、約束どおり
食う前に魚拓録ってやろうぢゃないの!
習字セットを持って来いヤァ!

実はちゃんとしたやり方を勉強しなければいけない気もするが、とりあえずケテトーでもなんとかなった(爆。
先ず、良く洗って、なんなら洗剤をつけていないスポンジで擦るなどしてヌメリを落とす。
a0056654_21373165.jpg


で、墨塗って写すんだけど、ダバダバにし過ぎないように、一度塗ったくった後、丸めたティッシュなどで拭き取りながら、
ヒレ(特に胸鰭)やエラブタ等にはしっかりと墨を付けるようにして、メリハリをつけるように意識してみた。
一度タップリ墨を付けた後、適度に拭き取ったことでウロコのスキマに染み込んだ墨が残り、
結果良いカンジになった♪
背びれやしりびれはどうするのが良いのだろうか?
とりあえず一枚づつ手で広げて押しました。
やっぱりヒレが広がっててくれないと残念な気がしますよね。
目玉はティッシュでふき取っておいて、墨を付けず、後で黒マジックで仕上げるのが良いようです。
a0056654_213858.jpg


昔は障子紙でやってもらった気がしますが、今回は古いシーツを使いました。

うまい具合に口をあけたのと、閉じたのが出来ましたね~
a0056654_21384920.jpg

墨が乾いたところで、目玉を入れて、名前を入れます。

a0056654_21392758.jpg


やっぱコレがあるとしまる感じで良いのですね
勢いで『鱸』(スズキ)と書いてしまいましたが、、明らかに出世前ですな(爆
そこ大事に書いても良かったかなぁ?
でも、いくらインターネットを見ても
『鮬』(セイゴ)が見つかるんですが、
フッコっていう漢字がどうにも見つからず、断念!
誰かわかる人、マジで教えてください。

じゃじゃーん!
a0056654_2140167.jpg


後はフチを切って、ママに縫ってもらいましょう。

次はサイズアップしたらまたとってあげましょうかねー♪




iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-23 21:34 | グッズこだわり系

それでも美味しく食べる話

今回の最大の目的がそこには無かった為、
ボクとした事が“食”に繋がるアプローチ、というか準備を全くしていなかった。


美味しく魚をキープする為の道具が無い!


一日中日差しをよけて持ち歩いていたクーラーBOXは、先のログに書いたように
実は、釣りの後、皆に差し入れる為の食材。
みっちゅんに渡す鱈骨からとった出し汁と、鱈のスモークハムが入っており、
生魚入れちゃぁダメよーダメダメ状態。
キープした魚をいれるつもりは全く無かった(爆



駄菓子菓子
a0056654_21194454.jpg



小僧生意気にも釣ってるし!

そーなると、やっぱ、
一生懸命釣ったし、
“食べたいっ!”て言うよね。
パパが毎週やってるみたいに、
ママに「美味しい♪」って言ってもらいたくなるよねぇ
『オレ釣ったんだぜぇ、食べてっ』ってやりたいんだよね~

わかるよ、
うん。


しまった、
ナイフ無いふー

忘れたorz


関東以外のヒトにはピンとこないのかもしれないので解説すると、
東京湾のシーバスは、釣って楽しいけれど、
特別美味しいものではない。
イワシ付きの潮通しの良いところで釣れるヤツならまだ良いけれど、
バース周りで引きずり出したヤツとなると、正直厳しい。

でも、

そういう食材のウイークポイントを理解して、フォローして、
美味しく食べる為のワザは幾らでもあり、
むしろ磯ヒラみたいに、“何やっても旨い”よりは、料理のしがいがあるってゆーもんだ(本当)

そしてボクは、そんな東京湾のスズキが好きである。
アバタモエクボ、、、か?

そこで、この魚をキープしようという話になった。

そうと決まればキッチリやらねばのぅ

美味しい魚の鉄則は、
・温度管理
・血抜き
・神経締め
と、なるワケなんだが、、、道具全て忘れたというorz

微妙に困りつつ、
「コレ、ぜってい食う♪」
とか頑固にのたまうガキを見ながら、、、
「コレは面白いネタに成るなぁ、、、」とヤラシイ笑みを浮かべるボクであった(爆

あーあ、悲しきブロガー
ネタ見つけるとちょっと嬉しいくなるんだよね(哀

はーい、
それでは逝きますよー♪

えー!?釣れちゃったのにぃ!
ナイフが無いYOで、困った時の現場処理方法ーパフパフ~♪


しつこい様だが、魚を良い状態でキープするのに大事なのは
・温度、水
・血抜き
・神経締め

の優先順位かな、

とにかく冷やさないとダメ、かといって氷に直乗っけるのはダメな事が多く、
BESTは海水氷(クラッシュアイスに海水ブッコんだもの)ですね。
ま、この時期は寒いので、テケトーに氷の近所に魚があればいいです。(サクラが咲くまで)
温度の話は熟成の話と共にこんどまた。

次に、血抜きですが、今回のお話のメインはココ
まぁ、絶対ダメってワケぢゃ無いので、出来る範囲で良いですが、可能であれば釣ってすぐ、
生きているうちにやるのがBESTです。
刺身食べたければ必須でしょうかねぇ、、、

ところがです、
手元にナイフがありません。

小僧は持って帰って魚拓録りたいとかぬかしてますので、派手にダメージ与える事は避けたいです。

そんな場合、
釣り人なら必ず持ってるプライヤーを用意!
無ければ素手で仕方ない。

エラ蓋からプレイヤー突っ込んでエラをカットします。
出来ればプライヤーでエラを掴んでキッチリ除去しちゃうと100点です。
で、海水バケツに戻してください。

そんだけ!

それだけの事で身のコンディションは全然違うので、
食べる気に成ったらやってみてください。
ストリンガーに繋いだままのときは、キープするヤツのエラをプライヤーでもぎ取れば良いです。

今回、油断してそのまま死んぢゃったやつと、釣ってスグにエラを取ったヤツがありましたので、良い比較画像が取れました。
a0056654_2121699.jpg

どっちが血抜きしたか、どっちがしてない説明不要だべ?
血なんて後で内臓とるときに取ればイーぢゃね?
と、思うでしょ?
でも、身に廻る血圧をフリーにして抜くだけでコレだけの違いが出るのです。
死んでからだともうどうしょうもありませんので、買った魚では無理、これば釣魚だけがなしえるグッドコンディションといえます。
さて、ここまですると臭みもぐっと抑えられるし、加工も楽な気がします。

カワハギ、アイナメ等でも偶然食べ比べる機会があったのですが、後味感、特に時間を置いたときの違いが大きかった様に思います。
熟成必須の白身ですから、こんなところも気を使ってみることをお勧めいたします。
(“より良い”という話をしているのであって、“でなきゃダメ”とは言って無いのでソコ注意な!)


次に、皮の臭さをナントカでねばならんのですが、ウロコと一緒にキッチリとヌメリを落としきったら、今回の魚はそんなに酷くも無かった。
つーことで、今回はあえて皮付きのまま食べる事に挑戦してみましたが、

a0056654_21214719.jpg


そんなに辛い臭みは無く、
もしかして、そしかしてだけど~♪むしろこの位のセイゴクラスのほうが、料理には向いてるんぢゃないのぉ~??♪と思いました。

でさー、、、、
こっちのフッコ見てよ、
a0056654_21222298.jpg

ちょっと痛々しいな(´Д` )ガリガリ君
お腹の中にぺっちゃんこの卵巣があり、アフターの疲れきった体型をしていました。
引かなかったもんナー、元気ないんだなー
それよりも産卵行動に参加しなかった(と思われる)サイズの方がこの時期はいいのかもしれません。


そこで、
a0056654_21231092.jpg


2日目は、そのものの、素材の味と真っ向勝負系の酒板蒸しを作りました。
a0056654_2123442.jpg



いわゆる“スズキらしい”味がして、なりに良かったです。


a0056654_2124594.jpg


こちらは先週鱈でやったときの絵なんですが、
包んだクッキングペーパーが皮に密着してしまい、出来上がりの質感がイマイチだと感じた。
そこで、魚の上にキノコや葱を置いて包む事で皮から紙を浮かすことができ、ちょうどいい蒸し焼きが出来るようになったというワケ。
a0056654_2124374.jpg


コレは見ため以上に簡単で家族ウケが良いので、是非ともやってみてください。

a0056654_21244615.jpg


このレシピ

・カマボコ板を用意!(コレは持ってて損しないので、カマボコ食ったら捨てないこと!)ビニール袋に料理酒を入れて漬け込む
a0056654_2125243.jpg

(細い方がカマボコ板、四角のはヒノキ)


・お魚フィレ(皮付き!白身が合うように思う)を板より少し小さく切って、醤油:酒=1:1的な汁に漬け込む(醤油は出汁醤油も可)
a0056654_21254632.jpg

(写真は先日の鱈)


・それぞれ30分以上漬け込んだらクッキングシートでキッチリ包む。(ビニールに残った漬け汁はもったいないので、味噌汁のベースに使う。)
a0056654_21262317.jpg


・包んだ状態でそのまま焼き魚モードでグリルで焼く。

a0056654_21263570.jpg



・テーブルに出す直前に紙を破いて(焦げてパリパリだと思うので、流しの上でやると汚れなくていいよ)
a0056654_21264896.jpg

中が香り高い蒸し焼きに成ってるよーん♪
a0056654_21271334.jpg

柚子やカボスなどの柑橘類を絞ったり、山椒の葉っぱを乗せる(このへん重要)



たったコレだけなのに、スゲエ料亭っぽい(笑)メニューが完成します。
a0056654_21273436.jpg

(鱈)
a0056654_21274353.jpg

(スズキ)
是非やってみてください。

ちょっと写ってましたが、大工さんにもらった国産ヒノキを新しく割って使ってみたんだけど
ヒノキ臭も濃すぎるとサスガに厳しいって事が解りました(爆
板は新品が良いわけでは無いようです。
因みにカマボコ板はクリスマスツリーで有名なモミノキらしいのですが、商品で使われているカマボコ板は、乾燥脱臭をしてあるので、悪さをしなくて良いです。
コレまでに、アブ(アイナメ)、ソイ、ヒラスズキ、鱈、などでやりましたが、その魚そのものの味を楽しめますので、お勧めです。

さて、次に評判良かった燻製のレシピですが、、、、

もう電車降りるので、

次ログにまわそ〜(≧∇≦)








































iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-21 14:17 | メシ

ばーか、ばーか、ばーか、、、、男5人

バカばっかりでイヤん成るぜ!
と、思ったら、自分が相当バカだった。
と、ゆーはなし。


バレンタインデーの日は、
鮭太郎の小学校で授業参観があった。
ヤツは、ちょっと気に成る娘からチョコケーキをもらったらしく、はしゃいでいたが、
良く聞くと、その子は皆に配ってたそうだ(セイシュンあるある)
ザマミロ(鬼

『その他大勢』なんだよ〜と、幾ら本人に云っても通じず、
テンション上がり気味なので、
とりあえず放置
後で、勘違い発言して痛い目見れば良いのYO(≧∇≦)




そんなコトカマってランねえ!
パパは釣りの準備で忙しいのだ!

a0056654_0533939.jpg

タックル(ベイト+スピニング)2名分+とのさんに使ってもらうスピニングタックル。

気が付けば全て中古の改造バスタックルという布陣ww
正直言うと、この時の心境としては自分はどーでもいいかな、と、
とにかく釣ってもらいたい。
楽しめればいいなぁ、、、とか、ちょっと何時もの準備とは勝手が違い、ペースが狂う、

で、俺としたことが、ナイフも神経締めの道具も全部忘れた(爆



話を仕切りなおそう。

ボクが北海道に出張したときに、室蘭でスゲエ楽しい釣りをさせてもらった室蘭AKBロックフィッシュチームから、メンバーの“とのさん”が、仕事で横浜に来ている。
しからば、北海道では絶対に味わえない、横浜の釣りを楽しんでもらおうぢゃないの!
と、このワクワクイベントに相成った。
即座に近所の釣り友達のアニータ氏とみっちゅんが賛同してくれ、
何故だかウチの小僧までもが便乗しやがって、
今回は釣り男子5人のパーティで、横浜新山下の黄色い船
“渡辺釣船店”からシーバスジギングに挑戦する事になりました。


a0056654_056563.jpg

気合十分、クソ寒い中朝の6時に集合していざ出航!
この瞬間からオレたちは同士だ!
年齢関係ないぞ

とのさん!あれが俺達のベイブリッジだぜ!
a0056654_0571537.jpg


とのさんの地元の白鳥大橋に似てるとおもうんだけど、、、すくなくともつばさ橋やレインボーよりは、っぽいと思うんだけどなぁ、、、
因みに数字的には白鳥大橋の方が圧倒的にデカイ(長い?)です。

さて、
今回やったようなシーバスジギングとは、

サーフや河口、干潟などのキャスティングによる、いわゆる“横の釣り”に対して
縦ストラクチャーや海底の起伏、潮目などをキッカケに固まっているシーバスの群れを魚探で探り、
水深約15~50m位のターゲットゾーンに40~100g位のメタルジグを落とし込んで食わせていく、
云わば“縦の釣り
魚探の反応を見て、群れに直アプローチするからもーバンバン釣れるでしょ!?
とついつい思ってしまうがトンデモ無い。
もちろん“落とせば釣れる”日もあるけれど、そーは問屋がおろさない。
シブイ相手に対し、その日の活性、パターンを掴み、“魚に口を使わせていく”のはなかなかシビアでゲーム性も高いのだ!

また、
この釣りは船の上だから、釣り人同士横1mの間隔でワイワイやりながら、はたまたヒットした隣人のパターンを盗み見ながら、
情報を自分のスキルの中で噛み砕き、トライ、修正、トライを切り返しながらその答えに近づいていく、
そんな楽しみ方が大きな魅力でもある。
そして掛かればPE1号以下の極細ラインでドラグをフル活用しながら耐えて、寄せる、このドキドキ感は釣り人としてモンク無しのFUNである!
そんなシーバスのベイジギングです。  が、、、

この日は究極の超ゲームだったorz

僕だって昔はそれなりに通った事が有るけれど、
ココまでシブイ日も滅多にねーかな?
と、云えるレベル。
昨日はかなり活性も上がったというのに、よりによってスゲエタイミングを引き当てたもんだ(爆

お父さんとしては、
さっさと数匹、サクサクっと釣りを楽しんで、
あとは竿を置いて子供の面倒や、ゲストのフォローを、、、と言う作戦であった(本当)、、

であった、、、、
で、あった、、、、
はず、   だった


駄菓子菓子

コレが全くうまくいかない。

もーね、ソコべったりに魚が落ち着き、動かない感じ!
食わせらんねぇ、、、

パパ、マジモードで釣りすっから、鮭太郎やい、悪いが勝手にやっててくんない?(失格)
あー、とのさん、自分が釣れてないので、僕の出来るアドバイスは有りません(キッパリ。
ジグ落として、巻いてください(爆)

ホスト完全失格上等でアレコレ本気模索!
魚が底から動いてくれないなら、ボトムバンプからの誘い上げで!
と、しなりの無いカキンコキンのスロジギタックルで底からの跳ね上げをしてナントカ1本!

しかし、ちょっとシビア過ぎてコレを小僧にフィードバックは出来そうに無い(汗

しかし鮭太郎は、
「パパのリール硬くて動かないYO!」とかブリ文句を云いながら、
まんまとアニータ社長の最新タックルを借りて、そこらにぶちまけたジグの中から、自分の気に成るジグをとっかえひっかえ付け替えtりしながら、
彼なりに自分の釣りを探り出して楽しんでいた。
a0056654_151375.jpg

お、ま、え、、、いつの間にそんなに成長したんだ!?
十分いっちょうまえだぞ!(嬉

コレはますます放置OKです♪


そうこうしてると裏でみっちゅんがポコポコ釣る。

ち!

サスガテクニシャンやるぢゃね〜か!
コレで僕の一人勝ちは無くなったなぁ(失格

そんなダメなホストはスルーして、みっちゅんのヒットパターンを噛み砕き、
いよいよとのさんがヒーットォォ!!!

寄せるうち、激しいヘッドシェイクで暴れるシーバス!
ポンピングでガンガン上げるとのさん!
『あー!!、だめーっ!!!』
それやっちゃうとバレるんです(後付け)水面近くでバタバタっ!  ふっ!
ぽいーんorz
魚的にも、「え?良いの??」って、一呼吸置いてから、おもむろに泳いで返っていきました(爆
でも、活性が上がってるのは間違いない!
帰航まであとちょっと!
ここが勝負時だぞ!

ってタイミングで今度は鮭太郎の竿がゴンゴンと入る!

え!
マジ!?

今日は手伝わないと約束した。

昨日寝る前に、
『一人の力だけで釣る事が出来たら、記念の魚拓を録ってやる』と約束をした。
放置、放置と云いながらも、掛かった瞬間からメチャめちゃアタフタし、オロオロしている自分が居た。
バカだ、バカ親が過ぎるorz
ファイト中、ネットも取りにいけなかったし、写真すら撮れなかった。
ダセェ!
マジでバカ親だったのだと自覚し落ち込む。

そんなダメ保護者を他所に、このラスト時間ギリのチャンスタイムに
誰よりも一番釣りたいはずのとのさんが、竿を置いて小僧のランディングをフォローしてくれた。

わお!
マジありがとうございます!!!
a0056654_10115457.jpg

獲ったどーッ!!


MAXドヤ顔
ここまでの超ドヤ顔も久しぶりに見ました(笑

やったな!

しかも、夜一緒に造ったアシストフックがばっちり決まってたぢゃんなっ!!
正真正銘おまえの魚だぜ!

僕達はハイタッチを決めた。



と、

ここで無常のタイムアップ!

残念!
でも、そればっかりは仕方ない、、船は港に向かった。

道中、お互いをねぎらう言葉が飛び交う。
とのさん、言葉が少ない。
うーん、物足りねえ!

小僧が居なけりゃ、とのさんに釣ってもらうまでやりたいんだけどなぁ、、、、

でも、
大人でも厳しい条件、そして朝も早かった、100g前後のメタルをしゃくり続け、
正直、自分でももう疲れた感じ、
小学3年にはもうコレ以上は無理だろうな、
1本釣って満足してるし、早くママに見せる〜♪とか云うだろうなぁ、、、

皆んなはもうちょっと頑張って貰って、俺達だけ帰るコトになるのかなぁ、、、

おもむろに聞いてみる。

「おい、鮭太郎、疲れただろう、帰るか」
『えー!? もっと釣りたい!』

! え??マジ?

むしろ最後に掛けた一発でスイッチ入っちゃった的な(爆

『よし、だんだん掴みかけてきたからな。
 じゃぁYO、午後の船にも乗っちゃうかい?』

「おう!」(即答

ああ、良かった単純(バカ)でww

ぢゃあ皆んな!
このまま午後便に乗って、更に頑張っちゃおうぜええええ‼︎
a0056654_10173037.jpg

イェーイ!
コリ無いバカ5名


つーことで、
“とのさん釣るまで帰れま10” 決定♪
パフパフ!!

コンビニダッシュして、急ぎで昼飯済ませるぞー!!!
30分後には午後便の出航だぜ!

宿の近所のファミリーマート
おい!
a0056654_1019066.jpg



竿持ってウエダー履いたままのオッサンが居るぞ!(爆

兄貴、絵になり杉ますぜYO!!
残念なタイプのオトナですね♪
釣りバカが杉ます!


午後からは、風が出て、海も荒れる予報
でも、サブ艇から大型のメイン艇に乗り換えて、5人でオオドモを占拠させて貰ったので、
強風の中でもなんとか風裏で過ごす事ができた。
船長はベテランの域に達したシゲ船長!
10年前は沢山通ったんだぜー、俺は懐かしいけど覚えていないだろうなぁ、、、(爆

少ない反応を探してあっちゃこっちゃと走りまくってくれている。
この状況、船長も相当に苦悩しているのがよく伝わってくる。

いまさらでごめん。
とのさん、今日やばいYO(爆
それを言ってもはじまらネェ、海に出て竿を握ってるからにはKeepGoing
a0056654_102049.jpg

黙々とジグを落とすとのさん。
そう、信じてアタックを続けるしかないのた。

それにしてもシブイ

途中、底べったりならと、オオドモの利を生かして
トレーシーやオモクルの遠投&じっくりカウントダウンで、底ベッタリ"やんやん巻き”をしているときに数回のココンとしたショートバイトがあったのみで、
爆風になり、水深20mでは底を取れなくなり、やめたorz

とのさんは、尚も集中力を切らさず海底地形をイメージしながら誘い続けている。
そういえばココまでいいところ無しのアニータ氏もすごい集中力を見せつつ、、、!
ついにロッドがぶち曲がり!ガッツリあわせるアニータ氏!
しかしっ! 動かねぇっ!!!

それダメぢゃん!(爆

それ、神奈川県だ!、PE1号で釣るには相手がでかすぎだべ!

サスガテクニシャンのみッちゅんは、しれーっとさり気無く釣果を伸ばしている。
やはりこーゆーシビアな状況になると繊細な男が光るねぇ、、
おお!隣りの大雑把なオッサンがまた神奈川県とファイトしとる!(爆

なーんて仲間観察をしていると、
とのさんの竿がブチまがる!
竿を煽るとのさん、
だめーッ!!
ココは丁寧に一定トルクで上げてっ!
気持ちは良く分かるけど、何時も闘ってるアブみたいに一気に根に入ることは無い
むしろこーゆー日は掛りが浅いので、ジワジワ上げないと、、、
たのむ!上がって来てくれッ!!
タモを構えながらもめっちゃ喉が渇いた、

あとちょっと!

見えたッ!!
ぐわー!!!
また水面でバレもーたー!!!!
あと1mタモが長かったら掬えたな(笑

でも、なんか上向きだぜっ!
あれ?なんだこのワクワク感は?
俺、すげエ興奮している。

今度は、
ボクの隣りで鮭太郎の竿先がココンッ!!と入る。
つか、午後からは当たり前のよーにアニータ社長の最新タックルを我が物顔で振り回し、
パパが一生懸命スタンバイした竿には触りもしない  なめんなよ!
ロッドはキレイに曲がっている。
ドラグは1mmもで出ないが、ごいんごいんと首を振るのが竿を見ても良く分かった。
ばらすなよー!
今度はいくらか冷静にタモを取りにいけた(バカ)
やべえ、自分で釣るより全然緊張感が違う!!

YES!!ネットIN!!!
やったね!本日2匹目!
良い所に掛かってるぜ!!

a0056654_10212486.jpg


イェーイ!

小僧と俺は二度目のハイタッチを決めた!

今までは、自分が釣る為の釣りばかりして来たけれど、
この喜びを、伝えたい、釣ってもらいたい感情、
釣る事よりも、釣ってもらうコトがこんなにもドキドキし、ワクワクし、興奮するもんだとは思わなかった。

俺のバカ親度合いもそーとーなモンである(≧∇≦)



とはいえ、
もー自分で釣れるのは解ったから一層の放置を決め込んで、
自分の釣りに集中だ‼︎(失格

僕なりにも色々やったのよ、
タテとかヨコとかしゃくり上げたり、急速フォール、ワンピッチ、、、

で、
鮭太郎のヒットシーンを見てても、
その直後のショートバイト(ひさしぶり、ばれた)でも、
着底直後のひとシャクリに僅かな可能性がある感じだった。
つくづく活性が低いなぁ

やっぱソコを狙うしか無いのか〜、
ティップが殆どしならない、棒の様な自作スロジ竿で、ボトムバンプからの弾き飛ばす様な跳ね上げを繰り返すと時々変なモゾがある。
ヒラヒラフォールの必要は無いので、ジグはスローフォールタイプではなく、通常のものを使った。
確か、信頼のブランカ100gピンクだったと思う。
とーん、とーん、とーん、とーん、クイッぐりぐり、
とーん、とーん、とーん、とーん、クイッぐりぐり!

!ドン♪

んー、重いけど、でもいまいち元気ないなー
ぬーっと上がってきたのはそれでも今日イチの65くらい。
とのさんがガッツリ掬ってくれました。


次に吠えたのは、今日コレまで良い所がなかったアニータ氏
水中に向かって「絶対ばれるなー」とか叫んでました(本当)
そして見事に無事キャッチ‼︎
っしゃあ‼︎


そしていよいよとのさんにプレッシャーが掛かってきました。
でも、近くに見える他船でもときおりタモを出す場面が見られます。
コレでも今日一日やってきて最も活性が出た感じ、
間違いなくチャンスでもあります。

駄菓子菓子
日は傾き、時計は既に終了間近!

集中を切らさないとのさん




つ!
ついに!そのロッドが絞り込まれます。

ティップが、というよりベリーまでガッツリ入った
a0056654_10222720.jpg


今日はココから散々泣かされたからね、めちゃ緊張気味に闘うとのさん。

a0056654_1022424.jpg

でも、テンション一定に、キレイに上げてきています。
このタイミング、間違いなく次はありません。
ココで落とすわけには行かない、皆の視線が集まります。

a0056654_10225836.jpg

ボクも、ネットを構えて祈るような気持ちで水中を見つめる。

ギラッ!
おお!銀色の魚体がみえてきたぞー!!!!
タモも、一発で決めたいっ!水面に今日一番の緊張感が走るっ!




a0056654_10234591.jpg

だー!!!!

獲ったー!!!




やったー!!!!
心から嬉しい!
a0056654_102489.jpg

釣りでこんなに感動したのって、何年ブリだよ⁉︎
やべぇ、俺涙出そうだぜ!いや、まじでじわっと来た!



ほぼアディショナルタイムで貴重な一点をもぎ取り
とのさんに今日一番の笑顔が見られた!

a0056654_10243295.jpg

それを囲む仲間達も、超盛り上がったのは言うまでも無い。


そしてほぼ同時くらいに本日の釣りは終了となった。

マジでホッとした瞬間、ドドッドどっと一気に疲れた。
港に向かう途中、タイヘンだったなぁ、、とつぶやくと、

a0056654_1025278.jpg

今度はサッカーのチームメイトも連れて来たいと言う、

へ!?
すっかり釣りバカの仲間入りのようだ(≧∇≦)
残念♪


冷静に振り返ってみれば、丸一日やってたったの2本。
こんなにシブく辛いシーバスジギングも経験した事がないくらいだった。

なのに、
なんだろう?
こんなにも楽しく、満ち足りた気分に満たされた釣行も過去に無いくらいだ。
ああ、これが仲間のパワーなのかなぁ?
マジで楽しかったぜ!

本当はココから皆で祝杯を上げたい気分だった。
でも、サスガにそうもイカネェ
皆明日は仕事だしね。
そこは折り込み済み♪
僕は、今夜の祝杯のために、皆に食べてもらう摘みを用意してきた。
魚を釣っても入れないクセして一日中持ち歩いていたクーラーBOXには
実は、先日の鱈で作ったスモークハムを持ってきていたのだ。
a0056654_10253469.jpg


ともさんもホテルの部屋で切るのは難しいからね、
薄くスライスして、発砲トレーに載せて、

a0056654_10261911.jpg

クッキングペーパーにレモン風味のオリーブオイルをしみこませてくっつきを抑える。
a0056654_10271455.jpg


ケッパーを付け合せでのせたら空気を抜いてジップロック!
んふふふふふ、売りモノにできそーだぜ!♪

a0056654_10273545.jpg

コレを摘みに、風呂上りの一杯をたのしんでくれっ!

ボクはといえば、ヘロヘロに成りつつも、
帰ってソッコー捌き、タルタルソースを大量に作りシーバスのフライを揚げた。
a0056654_10283976.jpg


がんばって釣って、家族で旨い!を分かち合う、そんな楽しさを小僧に感じてもらいたかったから
ココはがんばった。
a0056654_10285592.jpg


ママのリクエストが有ったので、少し刺身も付けたけど、
a0056654_1029739.jpg


ま、気分効果で旨かった。


あ、思い出した、

その前に約束の魚拓も作ったよ、
a0056654_10292074.jpg


その辺の話は次に回そう。

兎に角、

仲間が居たから作れた、ものすごく満ち足りた時間。
本当の楽しさを知った一日だった。

誰が、だれに、ぢゃなく、それぞれがそれぞれの役割の中でMAXだった。

本当にありがとう!




こういう釣りを、
いつかまた出来たらいいな、
と、マジで思った。
a0056654_10294144.jpg


釣りバカ最高〜(≧∇≦)




iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-14 00:49 |

既に釣り人としてダメ


近代日本の、それはもうすべての国民が知ってる文化みたいなもんだろうか?


日曜の夕方

7:00頃だよね、
楽しかった休日の終わりを告げる悪夢のミュージック。

そう
ボクはサザエさんのテーマソングがキライだ。

ついでに言わせてもらえば、

その件とは関係ないが、ボクはタラちゃんが一番嫌いだ。

「カツオ兄ちゃんがいじわるスルですぅ~!」等!に、象徴されるよーに、
非常に効果的な場面で、優等生な口調で、的確にチクる!という、トンでもネェガキである。
ヤツは男子族の見方ではない。
ヤツに心を開いてはいけない。

長い人生、常にチクられる側で生きてきた僕としては、こーゆーヤツが最もタチが悪い事を知っている。
そもそも、その大人なんだか子供なんだかわからネェ丁寧語がキモイ

何時までそんなしゃべり方をするつもりなんだ!?

あ?

あと数年もすれば、
「チンコがムズムズするですぅ~♪○○ちゃんに突っ込むでスゥ~♪」
とか云うんか?
え?云うんか~い!??

はぁはぁ、、、、
心底ムカつく!




でも、魚に雪、TARAは好きだ。

ママに言わせれば、我が家のお魚ストックの中で、鱈が最も評判が良い。


そしてココに、、、

BIGタラちゃん。
a0056654_015289.jpg


間違いなくアダルトたらちゃん(ちょっと怖い)
a0056654_0152118.jpg

小僧、メンチ切って見ましたが、負け〜
つか、さっさと歯磨けよ!


ココにスゲえタラが横たわる迄のストーリー、



話は10年くらい前に遡る。

とあるプレジャーボートでの釣行が、波高の問題で中止になった休日、
かといって一度ヤル気になってしまった釣り心は収まりがつかず、
無理を承知で東京湾、安定の老舗、「長浦のこなや丸」のお願いして、上下ジエットコースターのタチウオ船に挑んだコトがあった。
あの時、その船上で出合った凄腕の釣り師がいる。
聞けば、荒れなかった場合に乗る筈だったプレジャーボートも実は同じ
なんという偶然、会うべくして会ったと、、、
そのときは、ハゲシク上下するデッキの上で、今でこそ多用しまくりの『ガスバーナーによる炙り』など、多数の僕料理の基礎となる部分を彼から教わりました。
以来、ネット上で柄も交流させてもらっている。
氏は、その後札幌に転勤になったり、今はご実家の側の岩手県の内陸に居ながら、、、
何故かやっぱり定期的に海の上にいるやうだ(笑
a0056654_016012.jpg

そんな彼から今年も釣りたてのマダラが届いた(感謝)


a0056654_0161691.jpg

いつか釣ってみたいとは思いつつも、遠征してオフショアとなるとなかなかハードルが高く、
未だたどりつけていない。

さて、

ムカつくタラちゃんの話から入ったが、
こっちは我が家で愛して止まない真鱈である♪
鯖の数倍鮮度オチが早いといわれる真鱈。
関東でこのコンディションを味わうのはマズ奇跡のレベルと言えよう♪
ってなわけで、この冬の素材を美味しく食べつくしましょう!


兎に角大量です。捌くだけでも超タイヘン!
ママに大人気の皮付きフィレのストックは多めに用意しましょうねー
このストック方法にもコツがありまして、、、(解説あとまわし)

あとでフィレオフィッシュして楽しみましょうねー♪
キモとか超でけぇ!
鍋セットのストックも造りましょう。
アラは、、、人殺ししたくらい出ましたねorz
このまま生ゴミの日まで待つと、地獄必至ですから、、、
内臓系は真空ラップ。
アラ、頭、などは全て一度火入れします。
いちいち湯でこぼしてからやれば、良い出汁が取れます。
そして、
気は心的ではありますが、いくらかの腐敗臭を抑える事ができます。

さて、作戦を立てましょう。
・シャブシャブ
・スモークハム
・フィレストック(皮付き)
・カマボコ
・さつまあげ

どーよ?

わくわくしてくるぢゃないの!

昨夜は、小さめの一本を選び、
マッハテケトー捌きにて、しゃぶしゃぶしました。


a0056654_0164883.jpg

やべえ!
と、溶ける♪




a0056654_0165950.jpg


さぁさぁ!





今日も急いで帰るよ!




iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-12 00:08 | メシ

仲間って!?


よくあるぢゃんね、
釣クラブ、とか、チーム、とかよお、、、

シブヤのチーマーか?

釣なんて、チームプレイでも、対抗試合もないぢゃんね。

けど、
気の合う仲間、同じフィールド、同じ志の仲間が集まって楽しむ感じ。
時にはライバル心を燃やしてみたり
こーゆー集まり
自分はキライでは無い。
つか、むしろ大好き系


僕も、釣りを通じて知り合った残念な仲間達の倶楽部に属していたり、
いくつかのコミュニティーに顔を出させてもらっている。




a0056654_23495434.jpg

室蘭の白鳥大橋の袂で楽しんでる仲間、
室蘭AKBロックフィッシュチームっつーのがあってね、
a0056654_2350149.jpg


氷点下の凍り付いた堤防で、アブ釣り大会をしちゃうトンデモ痛快なチームなんだけど、
僕は、何度か遊びに行かせてもらっている。  
で、なんと、
ボクも、その末席に加えてもらったりしている♪
えっへん♪
実はボクもAKBロックフィッシュチームなのだ!
a0056654_23511043.jpg

僕のチームステッカーは、ココにあるぜ!
a0056654_23512396.jpg



その仲間の一人が、神奈川を代表する大橋、ベイブリッジの袂にやってきた!


a0056654_2352827.jpg

白鳥大橋から横浜ベイブリッジへ!
a0056654_2352272.jpg

ようこそ橋コラボ
って感じで今回は書き進めようかと思ったのに、、、、
コレ、橋の手前1キロ位あるべ、三渓園付近か?
自分ベイブリッジの良い写真が無かった。
失敗。(当日撮ってリベンジ汁)


コンセプトミスったけど、
書き直さないぜ!(爆



兎にも角にも北海道から来た友人に、
東京湾的ゲームフィッシング!

“シーバスジギング”

を味わってもらいたい!
北海道にはいないシーバス!
その引きを味わい、ブつもちをカマしてもらいたい!

これはホストとしても超ワクワクする企画だと思う!
ベジジギング
ボクがその面白さを知ったのは17~8年前だろうかや?
何も知らずにたまたま会社の上司とのった川崎の中山丸(緑の超老舗船)からでした。
自分の住む相模湾では『シーバスってゆう生き物は絶滅危惧種か?』と本気で思っていたものだから、
初めて味わったシーバスの爆釣はあまりに衝撃的なものだった。
当時はメタルジグもそんなに種類が無くて、ブランカ、ラフェスタ、メタルサーディン、P-BOYくらいだったかな?僕の持ってたのは。
当時から大好きだったブランカやP-BOYが未だに現役で、しかも一線級であることはある意味スゲェなと思う。
4~5年やりこんで随分と嵌りましたが、段々に他の釣りも覚え、最近では年に数回行ければ良いなぁ、位の頻度になりました。

でもおよぉ、間違いなく言えることは。


“スゲェ面白いんだよね~♪”

巻きでガツン!
なーんて釣れりゃぁそれはモチロン嬉しいけれど、
ジグのフォール中のアタリを聴いて、、、、

カッ!

とアワセが決まったときのしてやったり感がまたタマランですよね。
しかも、地元ぢゃ絶滅危惧種のシーバスがワンサカ釣れるし(笑

ぐふふふふふ、たのしみ杉るぞ!


もう一つ、穴打ちやバース周りの足際ギリ落としとかを除けば、わりと誰でも楽しむことが出来る。
声の届く範囲でワイワイとしながらFUNフィッシングをするにはこれほどお手軽楽しいものは無かろう!
ツーコトで、今度の週末にいったやろうと企ておりました。

、、ら、、、

そーゆーワクワクオーラをスグに嗅ぎ付けてくれ、
地元の釣り友達から近い順に(笑)アニータさんとみっちゅんが参戦してくれる事になりました。
コレは超嬉しいぜよ!!
みっちゅんは見た目以上に繊細な釣りをする男だし、アニさんはここ一番で“持ってる”男!なんとも心強い!
なにより、こうい釣りは仲間でワイワイやるのがサイコーに楽しいですからね!
帰りは絶対にラーメン行こうぜ〜(≧∇≦)


なーんて一人ワクワクしてたら、、、

難題発生(沈


実はその週末は久しぶりにサッカーの無い週末で、
小僧は勝手にその日を「パパと遊ぶ」コトにしていたらしい

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ(シラネー)

最初、ポーカーフェイスを決め込んで、
「大人の集まりがあるから」とか、
「北海道から来た友人を案内するから」とか、
「湘南の面白おじさんが大根もって来るから」とか
「山から社長が降りて来る」とか、とか、
ワケのわからない言い訳をしてノラりクラりと交わしていたのだが、、、

結局手詰まりとなり、、orz

『なんだYO、それならオレも連れて行けよぉ!』とゆーお決まりの展開になってしまったorz

ゲーっ‼︎メンドクセー!!

コイツ下手クソだし、スグ飽きるし、オレの釣り出来ないし、メンドウクサイんだよ!(親失格)、、、
釣れねぇといじけるし、、、
釣れると超威張るし(爆


仕方ない、
パパと約束しろ!
「オトナにも、海にも、魚にも、無礼なオトコは連れて行けネェぜ!」
「次第によっちゃぁ鉄建制裁or海に沈めるからカクゴしれ!いいな!」

『わかった、俺はサッカーやってっから、あいさつできるしっ!』

と、意味不明の返答ではあるが、オトコの約束を交わしまして、連れていくコトになりました。

同行の皆様、よろしくお願いしますm(_ _)m


あーあ、
俺は釣りできねーんだろーなー(撃沈(´Д` )



さて、

そうは云っても、どーせ行くなら、小僧にもキッチリがんばって良い釣りしてもらいたい。
つーことで、すこしづつ準備開始です。(あーあ、親バカだなぁ、、、)
釣りは、その準備から楽しいんだってぇコトをキッチリ教えたいところですね♪



a0056654_033793.jpg

アシストフック作りましょうねー♪
実はココに僕なりの拘り理論があるので、手作りします。(恥ずかしいので、今は書かない)
んふふふふ、今でも通用するかな〜(≧∇≦)


小僧に使わせる予定の、4601ガンナーは当時好きだった今江モデル。
ハンドルを回すとなんともシブイ(爆
渋いのは見た目だけでケッコウ!
全バラでOHです!
ぐふふふふ、
a0056654_042012.jpg

(新聞記事のタイトルは、子に記事のメッセージとは全く関係無いコトにしましょう)
構造が単純だけに、簡単にクルクルになったぞ!

パパは、、、何使おうかなぁ?
やっぱ4601ハイスピードウインチか?、昔の左巻きTD-xが有ったと思うなぁ、、、それは明日やろう
つかコレ、小学生の手だとちょっとリールがデカくてかわいそうな気もするが、、、

ま、コレしか選択肢は無いですから、ね、
がんばってもらいましょうね
お爺ちゃんの実用自転車を三角乗りするようなつもりで良いですね(意味不明)



さて、
竿も2セットかー(≧∇≦)
a0056654_061311.jpg


ヒラのスモークハムでそのまま呑み杉る(失格)











iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-10 23:45 |

寿司処‶釣魚亭”今日も開店だよ~ん♪


釣り具の見本市であるフィッシングショーが、
パシフィコ横浜で開催された日、
釣り友達の家造り職人氏が、和室作りで出た木っ端を沢山持って遊びに来てくれた。
最初、焚き付けっつー話しだったのですが、国産ヒノキのめっちゃキレイな板がごっそりと!

コレ、ストーブで燃やしちゃうのもったいねーよ!

ツー事で、寿司下駄でも作ろうかと思います。
出来たら記事にしたいと思います♪

そー言えば、彼ともブログをはじめて知り合いました。
僕の楽しい時間のかなりの部分がココから生まれたと言っても過言ではないです。

はじめて家族勢揃いで来てくれたのですが、あいにく小僧はサッカーの試合に行ってて留守でした。
薪棚の上の椎の木に作ったブランコで、
a0056654_23245722.jpg

大家族羨ましいですね〜(≧∇≦)
コレで全部ぢゃね〜し!

その後、昨日僕が描いた暗号地図を頼りに山に消えて行きました(笑
a0056654_23254550.jpg


この休日。
僕は、フィッシングショーに行くか迷いましたが、年に何回かの“お父さん勝手に遊んで来る”をココで使っちゃうのももったい無いので!
今日は、今度の休みにシーバスジギング行く為に、家の仕事をして、点数稼ぎする事にしました。
a0056654_23282586.jpg

(来年の為の薪割り)

や、

頑張った!

俺、
頑張ったぜよ!

家族が誰も見てくんないから言うけど、
俺、
チョー頑張った(=゚ω゚)ノ

お昼ごはん⁉︎
やー、
余りで良いです。
粗食で働くよー
あゝ、父親のカガミ♪

ヒラスズキのカマとかあるべ?
a0056654_23284778.jpg


ん!
塩焼きった!



プチっ! (理性切れる音)

ウッドデッキに出て、昼ビー(≧∇≦)

a0056654_2329239.jpg

コレ、分かる?
a0056654_23293371.jpg

卵巣の煮付けを固めた煮凝り♪

ヤバし!

a0056654_23301461.jpg

バリ働いてポイント稼ぎ計画が、、、

ガラガラ、、、⁉︎    何か崩れるなんの音?



a0056654_23305266.jpg

ちゃりはやし45歳、戦力外通告orz
金麦は自然繁殖して二本に成った、僕のせいぢゃない。しらないよ、

ダメだ、
何が有っても、アソコでプシュしちゃダメだ!
(超反省)

このまま1時間以上オチまして、
めっちゃおデコ日焼けしました(;´Д`A







名誉挽回!
小僧とママが帰って来たら、バッチリメシ作って置いて喜ばそう♪

頑張れ俺!

手元にはヒラスズキしかねーな〜(´Д` )
あ、
冷凍庫にブラウントラウトの端材が有りましたな!
TAKEさん、マジMAX感謝‼︎
a0056654_23323672.jpg

凍ったままノコで半割り、
半分解答しました。

お寿司って、やっぱ、色んな味を楽しみたいと思うのね、だから魚が一本しか釣れてない場合、こーゆーストックで幅を広げるのは有りだと思います。

a0056654_2333672.jpg

今日は、流木で作った寿司下駄で、一人一皿( ´ ▽ ` )ノ

a0056654_2333225.jpg

ヒラスズキ以外には、
ブラウントラウトと、アオリイカ、新潟のおばあちゃんが漬けた鮭のハラコ
こーゆーストックし易い食材には感謝ですね〜♪
せっかくのお寿司でも、飽きられちゃったら切ないですからね、
ちょこちょこ変化球を工夫します。

a0056654_23334157.jpg

そろそろ熟成が効いて来て、旨味が出て来ました。

イカは前回口の中でシャリとの一体感が出ず、堅い!ってコトだったので、食べやすい隠し包丁の入れ方を工夫してるところ、
a0056654_2334730.jpg

トライ&エラーですね〜♪

タルタル軍艦巻きは、大根の甘酢漬けであるこのもんと、九州の醤油、マヨをミックス
シッカリ目に味付けました。
最後に青のりを混ぜこんだかのが大正解( ´ ▽ ` )ノ
a0056654_2335971.jpg

んふふふふ♪

ズケもシッカリ目に漬け込みました。
a0056654_23352980.jpg

こーゆーのは醤油無しで食うので、メリハリ良く味付けして良いみたいです。

さて、

次の週末が迫っておりますが、

何狙いましょうかね〜(≧∇≦)


因みに、追加の晩酌は、、、
a0056654_23355480.jpg

ヒラスズキの皮!
シッカリ湯通しした後、平らにして冷やすとプリプリに固まります。

コレ。マジ旨ですよ〜(≧∇≦)





iPhoneからの投稿

by rincraft | 2015-02-07 23:02 | メシ

本日、寿司処開店だよ~♪

さーて、

美味しい話になりそうな
平和な休日、、、

のはずが!
朝から発狂!

鯖の燻製が食べたくて、塩で締めたあと、一夜干しをしてたわけ、
最近は冬だし、いろんな意味で油断はしていた。
それは認める。

a0056654_22461572.jpg

ネコにとられたー!(激怒)

やー、実は過去度々やられておりまして、
最近は干物用ネットを使うのですが、この時期は奴もウロウロしてねーだろうと油断しておりました。
過去にはタチウオの干物全滅事件とか、
ママにサプライズしようとしてお風呂の間だけ、勝手口の外に隠しておいたイカの握りとかを、一瞬でやられて俺サプライズとか、

ネコ派の多いなかでこーゆーのももーしわけないが、近所の牛模様のアイツ!

マジ許さん!
次あったらグーパンチである!(必殺)

ぐおおおおっ!

ハァハァ

で、話戻しまして、、、
a0056654_2220096.jpg

釣って下処理したヒラズズキは紙を巻いて真空ラップして、氷温キープしてあります。
(写真は前日)
簡単に言えば、クーラーBOXの水抜き開けて、完全に水シャットアウトした魚を入れ、布一枚絡めて直で当たらないようにしてから
氷大量に入れて沈めておきました。
冷蔵庫、チルド室とかでは熟成させるにはイマイチッス
こういうやり方についても改めて今度解説いたします。

さて、空気を遮断していたラップの真空巻きを剥がしますと、、、
a0056654_22203023.jpg

このもんを摘み食いしながら、、、、
新聞を巻いてそのままラップを強く掛けて真空巻きしてありました。
余計なドリップは紙が吸収してくれるので、良いですよ。
でも、新聞クサイのはちょっとね、ボク皮も食べるしね。
で、神経質な人はこんなふうにペーパータオルを掛けてから新聞、そして真空ラップが良いですよ。
腹の中も同様。
a0056654_22222784.jpg


さて、
a0056654_22225770.jpg

贈り物で、なんだかスゴイお米を貰った。
寿司専用ブレンドだそうだ。
テンション上がります。
米が良いなら、ネタも負けてられませんねっ!


いきましょう!
面構えが良いので姿盛りにしたいのだけど、このヒラスズキは左顔にフックアップしちゃったんだよねー《残念
a0056654_2224936.jpg

でも、盛り付けの大原則!和食のルール!!
“魚は左向き!”
逆に盛ったらちゃぶ台ひっくり返される勢いです。
a0056654_22253844.jpg


捌く作業は右カラの方がやりやすいなぁー
エラの上で背骨までザク!
a0056654_22263780.jpg

そのまま腹骨を根元でブツブツ切っていきます。
a0056654_2227543.jpg

背中側は背びれの根っこの骨をガイドにして切り進めると良いです。
a0056654_22272868.jpg

始め慣れないうちはこんなふうに隙間広げてみながらちょっとづつ刃を入れていくと良いでしょう。
ズバッと一発!とかに拘らなくてヨシ!
“ていねいに”を心がけてください。

刃数は慣れて来れば減って来ます。

コレ、何してるかわかりますか?
a0056654_22292592.jpg


このまま尾頭付きで盛るのに使うんですが、盛り付け時にヒレが閉じてると少し残念。
そこで、こうして広げてすこし乾燥させて癖をつけています。
するとなりに、カッコ良く決まりまっせ♪



a0056654_2230511.jpg

シメサバも半身だけ残ってます。

薄皮引きましょう。

このようにサイドを指で押さえながら引くと良いですよ。

そして、炙りは切ってからが正解だと思います。
a0056654_22303587.jpg




じゃじゃじゃーん!
a0056654_22313038.jpg

ヒラ寿司姿盛り〜(≧∇≦)の出来上がりー!
どうしても単色になりがちだからね。
シメサバは良い仕事してくれたなー♪
a0056654_2232791.jpg

ガリを切らしてたのが悔やまれます(≧∇≦)

a0056654_22331458.jpg


湯引きの皮巻きはボクのオリジナルとして自信作!
是非まねてみて欲しい。
さっぱりとしたヒラの握りに、磯の香りをプラス!
a0056654_22342988.jpg

そして湯引いた皮はゼラチンの固まりで、
口に入れた途端に解けます♪

やはり、
この魚は、皮が美味いと思う。
で、腹身は皮を付けたまま表面だけ火入れした
a0056654_22345958.jpg

焼き霜造りふう♪
コレの解説はいまさら要らないかな?

ズケは、島寿しふうに少し酢を聞かせて有り、カラシで食べる。
a0056654_2235332.jpg


うーん、明日はもうちょっと濃くても良いなぁ、

a0056654_22363491.jpg

こーゆー盛りだと、必ず男子がイジリたがる(笑

でも、今自分は、どんな魚を殺して食っているのか?
どんな食性の魚なのか?
そんな話をしながら食べるのは、大事なコトだと思う。
a0056654_22372024.jpg

と、マジな話をしてんのに

魚のモノマネ大会になったりする。

つか、似てねーし!

a0056654_22382886.jpg

コレは端切れ肉のお魚タルタル
a0056654_22385413.jpg

要らんトコこそげると割と沢山のミンチが出来るので、ピクルスとマヨ、醤油でグリグリする。
このもんを刻んで入れちゃった♪

a0056654_22395288.jpg

夕ごはんはココまで♪
パパは又ここから更に呑むので、おめーは寝てクレ!
明日サッカーだろ〜♪(爆


て、子供寝かせておいて、残りの刺身で又のんぢゃうワケだ♪
a0056654_22412198.jpg

頬肉登場(≧∇≦)

あ、そーだ

明日は釣り友達家族が鎌倉散歩に来るってゆーぢゃない。
お勧めハイキングコースの地図を書いてあげましょうね〜♪♪( ´θ`)ノ
a0056654_2242334.jpg


あ、
ヒッシングショー

うーん、どーしよーかな(≧∇≦)


そんでな、

コレは何日干しても誰も取らないという(´Д` )

ウツボのウッチー、干物に成ってなお、
a0056654_22443893.jpg

ちょっと怖い(´Д` )



iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-06 22:01 | メシ

ヒラスズキ、、、ダケぢゃなーい♪



えー、
お詫び


つか、家族にもおこらりた
超怒られた(´Д`



魚を釣ったトコロからね!

あ、そうそう
釣ったんだYO!
釣ったのっ!!

でさ、
いろいろ血抜きとか、神経締めとか!下処理など、丁寧に写真を貼る予定でした

カメラの写真データーの移動をしようとしてるときに、、、ミスって消してモータorz
夏祭りから運動会含む半年分 
現在、パパの地位がダダ下がりで、小僧とか、マジ怒ってます(泣

血抜きと神経締めの件は写真今度また撮りますね。
とにかく簡単に言えば『心臓切らないでエラ取っちゃう』そんで心臓が動いてる状態で放血させたほうが効率が良いように思います。

ま、次の機会とゆーことで。




週末の食事はパパがやりますよ( ´ ▽ ` )ノ

トーゼン魚です!

さて、
a0056654_20313230.jpg

iPhoneに入れといた写真だけで、釣った後のお楽しみログをたたみ掛けましょうね〜♪
今回もちょうど食べごろ、この時期は脂のノリも良く、料理が楽しいです。
長さの割りに重量があり、こんなんで2.7キロもありました♪
a0056654_2036070.jpg

ざっくり云うと、ウチの3人家族で2日食ってストックも取れるかや?ってくらいのボリュームだね、
しーかーもー今回はスゴイぜ!
コンビニで氷買(¥250)う代わりに市場でサバ(¥150)を買って氷を大量に貰った
氷代がバケて抜群の鯖が追加されるなんて、オレ天才!!
なんだかんだで3日は楽しく食べれますね♪

まず、今夜の急ぎは鯖から!

コイツ、、、
a0056654_20362999.jpg

口にマイワシはさまっとるし、、、、小僧とこのイワシを食うかどうしようか議論になった(本当)


さて
a0056654_20533736.jpg


先ずは魚をまな板に載せる前に、周りの環境を整えて、、、、
料理の方向性をだいたい決めます。
(てけとーで良い、生か煮るかで切り方違うしね〜♪)

取り敢えず、
鯖2本→ズケ半身、シメサバ1本、燻製半身
ヒラスズキ→1日目下処理のみ、寝かせ、ウロコチップ、肝ポン酢、その他モツ系
     →2日目以降、寿司or刺身2回、ストック、燻製
このくらいをイメージできたら後は黙々と進め!

鯖の仲骨とアラは初日の味噌汁の出汁に!
a0056654_20555631.jpg

おさらいになりますが、アラで出汁をとるときは湯でこぼし必須です!
このようにいきなり熱湯入れちゃってオッケーです。
アンド塩をスプーンに1~2杯ザざっと入れます。
a0056654_2056159.jpg

いきなり強火で沸騰させちゃいます。
全てのパーツに火が通るまでキッチリやって良いです。
ここで、いわゆるヌメリ(つまりタンパク質の粘膜)や血の塊など、そーいったダシとして嬉しくないものを火入れして凝固させ、
洗い流してしまうと考えれば解りやすいだろうか?
でね、
本当に洗う(爆
a0056654_20563710.jpg

この時の煮汁は全部捨てて、浮いたアクや鍋の汚れも全部洗います。
「一番出汁がなくなっちゃうぢゃん!」とかちいせぇコトは無視してください。
そして改めて、水を入れ、酒をドボドボと入れ、
こんどは“沸騰させない”弱火でじっくり煮出してください。
ここまで手間を掛ければ抜群の出汁が取れます。
この手法はどんな魚相手でも同じですので覚えておいて損はないと思います♪

シメサバの処理とか、、、は、
今回はてけとーに書きますね
a0056654_2057288.jpg

砂糖:塩を同量混ぜたモノをザクザク振りかけて、軽〜くラップで包む。
で、トレーに乗せて1時間
a0056654_20572192.jpg

したら、水が出て、ダバダバに成ってますから、酢で洗います。(大事)
でな、
a0056654_20574235.jpg

こんなふうに、リードクッキングペーパーなどで挟んで、身がくっ付いて重なら無い様にして〜
a0056654_2058555.jpg

予め合わせておいた漬け酢を!
a0056654_20584079.jpg

こんなふうにすると、酢の量が少なくても満遍なく漬かります( ´ ▽ ` )ノ
細かいレシピは、
また今度にしましょうね
ま、何時ものやつです。

ヒラは、
a0056654_20585941.jpg


脂のノリがなかなかよかったので、卵巣煮付けだけぢゃなく、浮き袋と脂肪の固まりも甘辛くしてご飯にのせますかね♪
先ず卵巣から、
a0056654_20591922.jpg


煮付けしますが、僕が勝手に命名した
“開花煮”にしましょう。
食べやすいし、美しいです。
a0056654_20593693.jpg

先ず、2㎝くらいの輪切りにします。
a0056654_20595973.jpg

で、軽〜く塩して沸騰させたところに一気に入れます

ダーンと!
すると、皮が縮んで中の卵がまるで花咲く様に広がって固まります( ´ ▽ ` )ノ

この感じだと、産卵迄、未だ時間有りそうだなぁ、、、

a0056654_2103669.jpg

この部分、
浮き袋と、その脇の脂肪は臭みが無く、食感も良いので、湯がいて卵の煮付けに混ぜちゃいましょう。

肝もなかなかのサイズでしたので、今日は生でポン酢和えとしましょう。
ついでに胃袋とウロコせんべいはいっときますか。
a0056654_2111679.jpg

よーく水切りして、紙に挟んで潰したりして兎に角脱水
危ないからね〜♪
a0056654_2121326.jpg

て、片栗粉をシャカシャカして
a0056654_2132399.jpg

ジュー!

a0056654_213462.jpg

シッカリ目に揚げたら、
熱々のウチに味の素、好みの塩なんかをわりとシッカリ目に掛けて出来上がりだっ!

さーて、
鮭太郎、ビール注いでクレ、
食うぞ!
a0056654_214648.jpg


ヒラスズキ今日のぶん(爆
a0056654_2145561.jpg

と、コレ
a0056654_2151417.jpg

わははははは、
本体ねかせ中(笑

a0056654_2152725.jpg


キモポン酢チョーうめ〜(´Д` )

a0056654_2154776.jpg

胃袋の酢味噌和え
a0056654_2161689.jpg

呑みますよ!もーね、呑みます( ´ ▽ ` )ノ
a0056654_2163012.jpg

コレ分かる?

心臓の刺身も食べるなら初日でないと不味いです(≧∇≦)
ちっこく切り杉たorz

コレが、卵巣の開花煮付け♪
a0056654_21654100.jpg

摘んでるのが浮き袋ね、
但し、この浮き袋に関しては、ヒラスズキ駄目!
圧倒的にマルスズキの方がシッカリしてて、食べて楽しいです。

ヒラは、この脂肪部分ね〜♪
a0056654_2171739.jpg

熱いごはんに乗せる〜、がががっとやる〜♪

今日のメインはサバだね〜♪
a0056654_2175121.jpg

シメサバと、
a0056654_218129.jpg

ヅケ〜ってえ!
見た目分からんやんけー(自爆

兎に角、僕はサバ大好き!
a0056654_2183084.jpg

何度か痛い目にもあってますが、サバは辞めれんなー

因みに、恐ろしい話では有りますが、
サバの白子も卵巣もポン酢で旬は、“夏だね〜♪”
きゃー(≧∇≦)

また、理性との勝負に負けて腹を傷める夏が!

ソレは半年先の話ですね♪♪( ´θ`)ノ


ってなわけで、
明日は握るか?


続くっ!

iPhoneからの投稿
by rincraft | 2015-02-04 20:17 | メシ

以前の記事

2015年 11月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

カテゴリ

全体
家族
メシ
釣り


仕事

グッズこだわり系
未分類

メールはこちら
rincraft@lapis.plala.or.jp

HNK
「きょうの料理ビギナーズ」掲載記事
http://www.nhk-book.co.jp/beginners/manias/1103/index.html

フォロー中のブログ

ターニングポイント

検索

タグ

(102)
(60)
(58)
(58)
(56)
(54)
(54)
(50)
(44)
(30)
(30)
(27)
(10)
(9)
(7)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
釣り

画像一覧