親の自覚に欠けたまま、鮭太郎をいじり倒す日々


by rincraft

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寿司を握ろう!

さて、久々に釣ってきました地元産ヒラスズキ

喰うぢゃんね!

料理が好き!

と、言っても正直に云うと
“刺身切るだけ”
しか出来なかった。
『また釣り行って来てね♪』
と、云われたくて無理やり料理をはじめました。
それがだんだん楽しくなって今に至ります。

でも、そんなアンテナを伸ばしていると、
プロのシェフやもんじゃ屋さん♪
更には凄いホテルのシェフまでも!
腕料理人達がたくさんヒントをくれる様になりました。

ネット凄いなー♪(感謝)
自分の趣味をどんどん掘り下げられる出会いが嬉しいです。

いま、一つ一つ新しい旨々テクを手に身に付けるのが楽しくて仕方が無い!
って感じております。

んで、

前から云ってた苦手科目
“揚げ物”克服!
a0056654_1624581.jpg


HIクッキングヒーターにしたら!
素人のオイラでも揚げ物が楽しく出来ることが判明!
温度変化でいちいちビビるので、
分厚い鋳物の鍋で(ダッチオーブンの下)練習してみました♪

コレ、思ったより楽しいぢゃん!

配合?調合の難しそうなテンプラはずっと先にオ預け!
(正直、過去にべちゃべちょなテンプラを連発して、それが元で嫌になってた)

パン粉つけてフライにしました。
ヒラズズキの癖の無いウマミを生かす為、
敢て下味無しです。


今夜のメニューは
ヒラの握りとフライな!
a0056654_16242849.jpg



冷凍庫のタコ頭もフライに追加しました(ビール用!)
a0056654_16252247.jpg

寿司は、友人がピカピカに仕上げてくれた白樫のカウンター材で作った寿司台(ごめん、只の板です。)
コレが重みがあって座りが良いです♪

うん。

やっぱり旨いー!!!

潮汁は、「ホネ以外残すな!」
というカツオブシムシ的スパルタ教育により、
小僧もきっちりしゃぶります(哀
a0056654_1626421.jpg


スズキは頬肉がわりとある方です。
オタクな話をすると、ココは筋組織が他の部位と構造的に違うので、どんな魚でも食感が違います。
珍味的でヨロシイ!

ついつい調子に乗って、
ワインなんか空けちゃいます♪

パパゴキゲン!
a0056654_16262368.jpg

(信州のハヤシワイナリーのスタンダードな1本)

食後のカードゲームは、アレ!

アレやる!?

じゃーん!
↓コレ

a0056654_1627859.jpg

誰か知ってます?
その名も『魚魚(トト)合わせ』

つまり神経衰弱なんですが、魚好きにはたまらんです。
小僧やママがカードを取る度にパパの思い入れを語るので、ウザがられます。

鮭太郎:『マグロー!』
パパ:『パパが久米島でマグロを掛けた時はヨウ、、、以下3分

ママ:『鰆ね♪』
パパ:『前に(3年前)波崎沖で爆ったときはヨウ、ヒットパターン云々カンぬん、、、』

パパ以外:『あしたは普通のトランプが良いー!!』



とにかくオススメ
興味あるヒトは、、、、、ググッてください(爆)

注:ググって見たら、なんと全国津々浦々バージョン他、全12種類!
元々は京都の水族館のスタッフが企画したとか?
江戸前とかもあるし、、、
ボクはたまたま和歌山バージョンを持っていました。
そんな訳で、知ってしまうとコンプリートしたくなります(爆)


でな、翌日の夕食

『パパの練習の為に、もう一度同じメニューで造らせてくれ!』と宣言!!
嬉しいことに2人とも喜んでくれた。

で、又も握りとフライ(笑)

ただ、ちょっとだけ馴れて来ました。
a0056654_1628935.jpg

手前の5つは焼き霜ふう握り!

a0056654_16282487.jpg

モミジおろしとか梅肉とか用意すべきであった(反省)
火入れした皮がプリプリして旨いです!

因みに、何時ものようにバーナーを使うと皮が焦げるので、
チンチンに熱くしたフライパンに皮目を押し付けることでヤキを入れます(←ここ大事なコツです)

やってみれば楽しい揚げ物

a0056654_16285053.jpg

なかなか自己満足な一品になった。

テンプラみたいに調合とか混ぜ具合とかに悩む必要なし!
一定温度で揚げるベシ!

ステキだー!!!!!
ビールに合う~ん!

おっと!
ココは仕方なく焼いて食べました。
a0056654_16291435.jpg

実はこんど、流行の米麹漬けにトライしたいとおもっちょります!

失敗はコレ

a0056654_16294088.jpg

皮なんですけどね。
素上げにしてみました。

が、

何かがイマイチ

理想はビールに良く合う皮チップスなんだけどなー
ウロコを残したまま揚げれば面白かったかな??
と、思いましたが、如何に??

何か美味しいレシピが完成したらお伝えします。


ツーことで、
土日を美味しく過ごしました♪
by rincraft | 2012-07-31 20:30 | メシ | Comments(0)

釣果を食べよう!

最初にお詫び。

ログの整理をしていたら、
書きかけて力尽きてたり、アップし忘れてたり、
いろいろ出てきまして、一部削除したり、しつつ、、、、

書きかけログを転活用しつつ、春の記録としてアップします。
なので、時系列無視でお願いします。


まず、千葉最後の釣果から




3キロクラスのワラサが3本と、ホウボウ、チカメキントキ各1匹
a0056654_1772826.jpg

釣りから帰ったらまず釣果をみて、ある程度の計画を立てます。
今回は計らずして早上がりのため、丁寧な作業が出来ます♪

この段階で、ある程度の作業工程を考えて急ぐ作業は優先させて、効率良く済ませないといけません。
魚をキープして食べる以上、ココはゼッタイに手を抜かないのがポリシーです!


・初日は味見程度の刺身と鎌焼き、アラ汁、
・2日目シャブシャブ、
・3日め刺身本番かな~?
・4日目照り焼き、
・あとは冷凍ストックかな。
・ブリダイコンは同時進行でちょびちょび食うカナ

さて、大体決まりましたので、3日目までの分と、冷凍ストック分を別処理同時進行します。

一概に全てを言い切れませんが、2キロ超えたら刺身はちょっと寝かしてからの方が旨みが有って良いです。
脂が乗ってる個体に限った話です。
この先は経験と感になってしまいますが、この時期、このクラス、僕の下ごしらえの腕、と考えると一番旨い刺身の日を3日目位でしょう。下ごしらえを始めましょう。

・さて、釣りから帰った当日食うものから!
ワラサを1本一気に3枚おろしにします。
アラは一度熱湯でヒト煮立ちして臭みを洗い、あとは普通に酒と水で弱火で沸騰させないようにコトコト煮て玉葱の味噌汁にします(写真無し)

そして半身を刺身にします。
この日は爺婆の家に遊びに行く日だったので、ちょうど良い!
大人4人、小僧1人でこのボリューム感だとちょっと少ないかんじでした(小僧食い杉)
釣ったばかりですから、妙にさっぱりしています。
始めは釣ったその日にしか味わえないブリブリした歯ごたえを楽しみましょう!

a0056654_1781434.jpg

1目だけだと味に飽きるので、ホウボウの半身も一緒に盛りました。
a0056654_1782934.jpg

手前の白身ね。
真ん中の白いのは腹スっちゅーかオオトロね。

正直に言うと、ワラサのこのくらいの脂のノリ感が僕には好みです。(沢山食べれます。)
寒鰤の脂身も確かに旨い(うん。本当に旨い)が、3切れも食べると脂でお腹いっぱいです(弱)
↓このまえの正月に食ったやつ(1月新潟産)

a0056654_1785531.jpg

これ、正にMAX等級の寒ぶりのハラミですな♪

つくづく同じ魚でもまるで別物ですよねー♪
サスガ出世魚!

そして、もう半身は爺婆の翌日の刺身の柵、照り焼き用の切り身に分けて冷蔵庫に仕込んできてあげました。

次ぎに2日め以降の分。

冷蔵庫で旨みを閉じ込めるには、頭と尻尾を落としてハラワタを除去し、その腹腔内に硬く丸めた新聞紙などをぎゅっと詰めて、更に全体を新聞で包み、ラップでギューギューに包んで空気を遮断して冷蔵庫へ、
このまま保存するのがBESTです。


2日目の料理はココからスタートです(笑
a0056654_1791689.jpg



まず3枚に、今回は中骨の肉もブリ大根にして楽しむので、
あんまりタイトに捌かなくても良い、、、です。

半身はまずここから先を落とします。
a0056654_1794420.jpg

左フィレというか、なんとでも。右はカマ、
刺身は面倒ですが、この魚の最も旨い部位なので、大事に焼いて食うのがBESTです!

因みに、焼くなら少しでも新しいほうが旨いです。
(寝かさないほうが良いです)

ひっくり返してハラ骨を取ります。

脂の乗ったハラミとの戦いなので、意地でも薄く取りたいところ!
a0056654_171015.jpg

そして、皮引き、
身の立場で言うと頭から剥ぎたいところ。
でも、作業性を考えるとコレでOK!
a0056654_17101519.jpg

(片刃の和包丁より、ここだけは普通の3得包丁が使いやすいです。)

返すとこんな感じ。
a0056654_1710274.jpg

この銀色の残り具合を気にすることはないけれど、
残っていたほうが“炙り”で喰うときに良いです。

後は適当に盛る。
a0056654_17104618.jpg


刺身の盛り付けは現在修行中に付き、コメントなし。
むしろ、覚えのある人、アドバイス下さい。

しゃぶしゃぶならすく広く切るのが良いですね
その際は皮目をまな板につけて、身の内側から削ぐ様に切ると良いです。
a0056654_1711117.jpg

真ん中は冷凍してあった生タコ!

ワラサ位の上品な脂の乗りが好きです。
a0056654_17111517.jpg


因みに、ウチで魚を食うと、、、、、
a0056654_1712860.jpg

こう残る。
(小僧にアラ煮を食わせた痕跡)

少々意地汚いですね(笑


さて、2キロ以下のイナダの場合ですが、
急いで食べるほうが旨いです!
a0056654_17123089.jpg

ピンボケ
a0056654_17123970.jpg

こっそり、ショゴ(カンパチの子)とイナダの食べ比べなど楽しんだり、、、
a0056654_1713169.jpg


コレは釣った翌日のテーブルかな?
a0056654_17143349.jpg

右奥から、
アラ煮、刺身、カマ焼き、ユッケ、と、筍の煮物

ユッケは子供に一番人気ですね。
コレは同船したうろぼん氏作!
美しい!
a0056654_17145585.jpg

こういうセンスをぜひ盗みたいと思います。

俺的簡単馬ユッケ!(青物全般OK!)
a0056654_17151341.jpg

魚の身は小さめに、中骨をスプーンでこそいだ“中落ち”でも良いですよ!
そこに、
1、テンメンジャン(甘味噌)
2、醤油
3、みりん
4、しょうが
5、ニンニク
そしてごま油を入れてグリグリ混ぜます。
量、割合は適当でOK(すんません。本当です。)

で、30分ほど冷蔵庫で寝かして、
a0056654_1716396.jpg

あら美味しそう!

あとはゴマ振って、卵黄を絡めてワシワシ食べてください。

コレとか、刺身とか、作りすぎたらその日のうちに、玉葱のみじん切りと、パン粉と混ぜて、

a0056654_17165941.jpg

ハンバーグにして、軽く火入れしておくサイコーっす!

写真がイケてないのだが、イナダのアラは大根と煮込んでブリ大根と♪!
a0056654_17171655.jpg

釣れた後に、『釣れませんねぇ~!』とかいう釣りビジョンを見ながら飲むのは「酒ウマ~!」です!(悪
a0056654_17173742.jpg



さて、
脂の乗りのそれほど多くないイナダのストックは、
どうします?

YES! ブルギニオンバター!(例のプロのシェフからの授かり技)

3枚におろしたイナダの身を、刺身の2倍位に切って下味、ソテーします。(軽くね)
で、好きな野菜と適当に耐熱皿に盛る。
a0056654_1718256.jpg

玉葱とか、キノコも良く合います。
で、レモンをドバッと掛けておきます。

冷凍庫からブルギニオンバター登場!
凍ったまま、スライスして、納得いくまで薄く並べます。
a0056654_17182294.jpg

まー、基本満遍なく大目が吉!

で、コクの無い身ですからね、スライスチーズやパルメザンチーズなど乗せつつ、最後にパン粉を軽く!
a0056654_1718412.jpg



でよ、このパン粉が軽く焦げるまでオーブンでチン!
僕はオーブンで余熱しておいて、トースターに切り替えて4分+3分????ま、適当に覗きながらパン粉が旨そうな色になったら完成!


a0056654_1719366.jpg
ワインとか飲みたいなー♪

な、ウマさ!
a0056654_17194070.jpg


トマトが相当良い仕事をしますので、忘れずに入れましょう!
a0056654_1720068.jpg


これ、
食べてて思ったんだけど、
シイラだとスゲェいいんぢゃね?


a0056654_17201039.jpg
あーあ、今日もやってしまった。
飲み過ぎるんだよねー!(反省無し)
by rincraft | 2012-07-28 01:02 | メシ | Comments(0)

イナワラ爆釣でしょう

(ごめんなさい4月頃の話かな?)




「鳥山バンバンなわけ!ドテラで流してイナワラ爆釣でしょう!」
とのお誘いにのって内房の友人の船に載せてもらった話。
仲間の船で爆釣なら、小僧と出かけるのにサイコーのロケーションだ!

でよ、鮭太郎を朝の4時に叩き起こしてアクアラインを渡った。
そういえばココでみんなで遊ぶのは超久しぶり!
a0056654_16211685.jpg

鮭太郎は始めての船です、、、が、なんだかかっこつけてますね〈笑
a0056654_16254014.jpg

意気揚々と出港!


a0056654_16255620.jpg


ドカ!どっしーん!    ??え?!


「おじさんなにやってんのぉ~?」

青いおじさんが一人でドリフゴケ状態〈笑
何が起きたのか?
本人しか知りません〈本当)

でも、コレがこの日の全てだったようです(号泣

鳥山どーこー!!??
a0056654_16273797.jpg


のどかな時間


ま、いいの。
「釣れねぇ!」とか「あれ?おかしいな」とか「寒い!」とか云いながら
久しぶりにさ、仲間でこうして遊べたのはものすごくリフレッシュになった。

a0056654_1628892.jpg



余談:


俺のパパもスマートフォンにするらしいぞー!
a0056654_16285116.jpg

鮭は、触ってみたくてしかたありません(笑

ある程度ガジェットにもなじませないとなー(悩



手ぶらで帰りづらい僕に村岡さんの奥様が素敵な魚屋を教えてくれました♪
a0056654_163076.jpg


地元の獲れたてのみ。
種類少ないがコンデョション最高!
(マンボウの肉片もありましたが、、、未知過ぎて却下)

1キロアップのスゲー鯖を買いました。
激ウマ♪
a0056654_0465395.jpg


やっぱ東京湾口の鯖は日本一だろー!!!
a0056654_0473792.jpg

宣言!
次はぜってー釣る!

ハラ身のアラなどは、
串に刺して、ストーブであぶったり。
a0056654_0482434.jpg

もう一杯呑んぢゃいますね♪
a0056654_0491051.jpg

by rincraft | 2012-07-28 00:49 | 釣り | Comments(0)

BBQするには、、、

今から夏ですが、アリとキリギリスに学び、暇さえあれば冬の薪を割って準備しています。
a0056654_22263254.jpg

もうずいぶん貯まりましたね。
でも、理想としては、今年割った薪は今年ではなく、来年の冬に使いたいのです。
ココで乾燥させることで優秀な燃料になります。
さて、
a0056654_22311574.jpg

そうは言っても、積み上がる薪を見ると、燃したくなるのは人情。
なんか、、、ヤリタイですね♪

そんなわけで、
BBQセットを出してきました。
今年初のBBQはお庭でGOです!

トイレも冷蔵庫も近いし、すぐ風呂いけるし、電気使えるし、コレは楽でイイかも!?
さぁ、火の準備するぞー!
a0056654_2233622.jpg

いくらかヨサゲな薪を燃してオキを造りましょう!

・・・・・・・モクモクモクモクモクモク。。。。。。。。


あららららら、

つか、ストーブに入れても乾燥が良くない薪は煙だらけで使えないから干してるってコトを忘れてました(爆



ハイ 終了!


え!?
骨付きソーセージ買っちゃったし♪
昨日の夜から、パパ特性タンドリーチキンを仕込んでしまったし、、、、どーすんねん!

仕方なし!

こんだけ燃料あるのにヨーカドーで炭買ってきました。
してびっくり!
キョーレツに使いやすいのね、炭ってw!
a0056654_22375447.jpg

日が沈んできたらジャンジャン焼き始めるよー!
今日はね!パパが焼いてあげるからねー(やりたいだけ)
a0056654_22392511.jpg


ある程度コンロ1杯の炭火が出来たらだいたい1時間ぐらいが目安なんだね。
うーん、徐々に使いこなしましょう。
つか、今後このBBQ台は、時として単なる焚き火台としても活躍しそうです♪

a0056654_22421385.jpg

完全に日が落ちると俄然いい雰囲気です。



蚊取り線香全開で飲みましょう♪

おっと!
ココで問題発生!
ココはキャンプ場ではなく、今日は普通の日曜日。
つまり明日普通に学校と会社(笑

雰囲気良くても夜更かし禁物です。
(と、翌朝に気が付きましたww)


メモ
・モモ肉2枚ぢゃぜんぜん足りねー
・炭は1キロも使わない。
・野菜類は極力串に刺したほうが後が楽
・片付けは意地でも済ませないと猫が来る。


では、この夏は極めてみましょう

『おうちDe BBQ』
by rincraft | 2012-07-09 22:48 | 家族 | Comments(2)

週末キャンプ

週末は、性懲りもなく沖磯に泳いで釣行を予定して居たが、
強風雷注意報にめげて、薪割りしたり、ガレージDIYの続きなどしておりました。

薪も、だんだん増えてくると、至らぬコトを思いつくようになる、、、という話し。


a0056654_22135378.jpg

日曜日は、鮭太郎との約束で海へ、
朝は海の見えるデニーズでモーニングとしゃれ込み♪


ちょっとフライングなカンジもしましたが、今年の初泳ぎ。
未だ水が冷たく、透明度も高くて楽しかった。
a0056654_22591390.jpg


が、チキン小僧は速攻で退散(ぷ

そのまま沖磯まで強制連行してやろうかと思いましたが、
そのダメっぷりも含めてものすごく身に覚えがあるので、諦めました(沈

a0056654_22141453.jpg

パパはタコと幾つかの美味しいものを獲りました(写真自粛)
タコ、いじりたくてどーしょーもないみたいですが、
既にグッタリしています(笑

a0056654_22144167.jpg

↑この写真が大失敗!つか、トキ既に遅すぎ!

帰りに港で生シラスを買って帰ってきたのですが、
そこで教わった『生シラスユッケ』にして昼からワシワシ食べました(ゲキ馬)

生シラスと、卵黄と、テンメンジャンを使った俺様ユッケダレを盛って、混ぜる前に写真撮るべきでした。

ま、旨くてノーブレーキで食ってしまい、
このザマ



で、溜まった薪をみて我慢が出来なくなり、
ついついおうちDeBBQ♪
a0056654_2215360.jpg


すごく良かったのだが、
このまま片付けがイヤになり、
ダラダラ呑んで、月曜の朝に後悔しました(サル反省)
by rincraft | 2012-07-08 23:57 | 家族 | Comments(0)

造りながら住むⅡ

GW頃には片付け終わって、

夏前に
“完成!”っていうつもりでした。

が、あきらめた(爆

つか、家ってゆーのは常に住人と共に進化するもの。
ちょっとづついじりながら楽しむもんなんだろうな、、、と、
都合よく解釈することとした(笑

など、言い訳をしつつ
a0056654_19494528.jpg

この家には部屋が少ない。
つーか、ほとんど外から見た皮のまんまの間取りで、リビングの壁は広い(笑

ここに居るのは、11lbオーバーのブラウントラウト♂です。
登録の仕方を知らなかったのでダメですが、5.7lbナイロンラインで釣ったとしては当時世界記録級なんではないだろうか?

と、勝手に妄想して晩酌を楽しんでいる(爆

産卵床を掘るため、大型のオスは尻尾の下が削れて無くなってます。

a0056654_19495670.jpg

こっちは6lbクラスですね。
65cm
日本的には長さのほうが分かりやすいですね。

a0056654_19495422.jpg

階段で遊ぶうちに小僧が蹴っ飛ばしそうで嫌です(笑
初めはもう少し左でしたが、
煙突の熱で焼き魚になりそうなのでちょっと調整


今日は、ストーブと薪の話し

a0056654_19504032.jpg

(写真はイメージですww、、、2ヶ月近くも前に撮影♪)
ボク的にはこの家の最大のワクワクポイントはこの火です。

寒い夜なんかに、
薪の燃える音を聞きながら、ダラダラと魚を肴に酒を飲むのが夢でした。

a0056654_19512214.jpg

そのためには薪を沢山用意しておかなくてはいけません。
買うとなると、灯油の何倍ものコストが掛かってしまうので、雰囲気だけで薪ストーブを語ると、ロクなコトにならないです(注意)
薪は自前で何とかしなくては、このストーブは維持できません。

幸いにして、仲の良い植木屋さんが居ますので、
薪に良い木を切った時には持ってきてくれたりします♪

この木はサクラですね。
割り易さ、香り、火持ちとも薪として優秀な材です(感謝!)

a0056654_19514452.jpg

しかし、ココからが大変!


a0056654_10173226.jpg

まず、ストーブに入る40cm以下にカット
玉切りって言います。

このまま椅子になりそうですね♪

a0056654_19521341.jpg

そんでもって割る!
コレはケヤキでしょうか? 硬くて素直です。

主にスギやヒノキ等の針葉樹は燃えやすいけど火持ちが悪いので好まれません。
硬くて重い広葉樹の薪が優秀ですね♪

a0056654_10234451.jpg

えー、

戦力(ぷ)

ママはいつ怪我するかとガミガミ言いますが、
むしろそれも経験して欲しいと僕は思っています。
程度によるけどさ、箱のなかでは男の子は育たないよ。
ママの優しさと、パパのテケトー加減でばらんすいいいんぢゃね?
と、勝手に都合よく思っています。

困ったことに、コレだけで終わらないのが薪作りの厄介なところ。

生の木には水分がタップリ含まれており、含水率は軒並み70%くらい。100%を超えるものもあるらしい。
つーても、細胞壁の重さに対する水の重さの比率なんで、ほぼ全部が水なのYO、っつーはなしではないのでご安心を、

コレを乾燥させて20%以下にしたものが『ストーブの薪』としてつかえるモノになります。

そうでないと煙が多くてご近所迷惑になってしまうし、なにより水を揮発させるための熱を取られるので、
暖かさだうんなんだそうだ。

そんなわけで、
割った薪を干す!(出来れば2年が理想らしいですが、冬に間に合いません)
この家で最も日当たりの良い面に薪を積むことにしましょう!

出来たばかりのキレイな頃
a0056654_10412228.jpg

すかさず第一弾を積んでみました。
a0056654_10421742.jpg

ママがガッカリしています(笑)
構わずまだまだ積みます!
a0056654_10431493.jpg

むふっふ、
このまま天井まで積めますね♪

なんなんだ、この、
薪棚に薪があるというだけで、妙に豊かで暖かなキモチになるのは?

うーん、

薪は財産ですなぁ(爆

たぶん、コレだけでは1ヶ月もたないでしょう。
日々釣りの帰りに薪を補充しないといけません。

はい、ココでもらいます。
a0056654_10503680.jpg


鎌倉市の剪定木集積所です。
行けばいくらでももらうことが出来ますので、樹種を良く見て欲しい木をもらってきます。
ま、重いですからね、
200kgづつ位でしょっちゅう行くのがよろしいかと思います。

正直に言うと、軽トラとか欲しくなってきました(笑

そして、最新状態
a0056654_10561956.jpg

薪割が追いついてません。

おとうさん。
ガンバッテ薪割りしてください!

いままでのマンションは便利すぎて運動不足だったので、
一気に体重が落ちたのはコッチも関係してるのかもしれません。

ま、楽しんで続けることが長続きのコツでしょう♪

是非寒い冬に遊びに来てほしいです。
by rincraft | 2012-07-04 19:52 | | Comments(8)

以前の記事

2015年 11月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

カテゴリ

全体
家族
メシ
釣り


仕事

グッズこだわり系
未分類

メールはこちら
rincraft@lapis.plala.or.jp

HNK
「きょうの料理ビギナーズ」掲載記事
http://www.nhk-book.co.jp/beginners/manias/1103/index.html

フォロー中のブログ

ターニングポイント

検索

タグ

(102)
(60)
(58)
(58)
(56)
(54)
(54)
(50)
(44)
(30)
(30)
(27)
(10)
(9)
(7)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
釣り

画像一覧